定年との向き合い方

ITコンサルタントへ転職を希望する人は年々増加していますが、IT業界における定年制の現状に関してじっくりと理解を深めることが大切です。近年では定年の年齢を引き下げることで中高年層のスタッフの人材活用を積極的に行おうとするIT企業が目立ちますが、将来のキャリアパスを見据えて転職先を決めることが肝心です。

例えば中途採用者の受け入れに定評のあるIT企業では一人ひとりのスタッフの経歴やスキルなどに応じた研修のカリキュラムが組まれることがあり、コンサルタントとして必要な知識を効率よくマスターすることができます。また、かつてIT企業でシステムエンジニアやプロジェクトマネジャーなどの経験がある場合には、専門性の高いサービスが行われている企業に転職することが可能です。

また、ITコンサルタントの定年は、SEや営業、プログラマーなど職種によっても差が出ることがありますが、各企業の求人に申し込みをするにあたりスタッフの勤続年数が長いところを中心に探すことがポイントです。

その他、定年後にITコンサルタントとして独立したい場合には、在職中から専門的なノウハウを取得できるIT企業を探すことが重要です。求職者から人気の高いIT企業ではITコンサルタントの役割や仕事の内容がハッキリと決まっており、効率よくスキルの向上を目指しやすいことから様々な経験を持つ人にとって魅力的な存在として扱われています。