適性を見極めよう

ITコンサルタントに要求される能力は企業のサービスの内容や職場のスタッフの人数などに大きく左右されますが、IT分野の専門知識やコミュニケーション能力が重視される傾向があります。ITコンサルタントが担当する仕事は企業ごとに違いがあるものの、IT戦略に関する具体的なアドバイスを行うことがあるため業務に携わるうえで専門的な資格を取得したり、研修を受けたりすることが大切です。大手のIT企業ではそれぞれのスタッフの実務経験やスキルに応じて仕事の割り振りが行われていますが、ITコンサルタントへ転職を目指すうえで各企業の最新の取り組みを調べることがおすすめです。

特に担当する業務が細分化されているIT企業においては、それぞれのスタッフの適性に合った仕事を担当することが可能です。そのため、これまでの業務で得た知識を転職先で活かすにあたり、適性に合った仕事ができる企業の求人に応募をすることが重要です。ITコンサルタントの適性の有無を判断するためにはある程度のコツが必要となりますが、例えばIT分野に転職サイトの担当者に相談をすることで、性格や能力、希望の条件などに応じた仕事を紹介してもらうと良いでしょう。

その他、具体的な業務の内容に関して理解しにくい場合には、研修期間が長く設けられているIT企業にITコンサルタントとして転職をすることで働きながらコンサルティング業務に必要なノウハウを習得すると良いでしょう。

※おすすめの転職サイトなどの情報・・・目指せ!ITコンサルタント